大工が東京の産婦人科で妊娠中絶をする長所と短所

大工が東京の産婦人科で妊娠中絶をすると、子育てをするリスクを回避できる、仕事仲間にばれにくいなどが長所です。


東京で妊娠中絶をしようと考えたのは、おそらくですが子育てをするのが無理と見たのが理由です。



大工として働いていることから給料は低くないですが、結婚をしていないことから、子育ては難しい状況と言えます。そのため、子育てをするリスクを回避するための手法としては、適切なやり方だと思われます。


ただ、次は結婚をすることができる、良い男性を見つけるべきです。

あと、妊娠している状態の場合は、普通に働いているとつわりの症状が出てきます。


最初は体調不良と仲間達が判断しますが、何度も同じ状態が続いていた時は、結婚をしている同僚につわりとばれます。


ですが東京で中絶手術を済ませれば、そのような症状が発生しなくなり、普通に仕事をこなせます。


それにお腹が目立たなくなるので、通常通り過ごせるのも良い部分です。



短所は涙が自然と流れ落ちてくる機会が増える、手術をした後は仕事をしにくいなどです。


中絶手術を終えた後は、精神的なショックから涙が流れ落ちてくる場面が出てきます。


同僚や親方がその場面に出くわすと心配するので、涙が出たらすぐに拭きましょう。精神科のある病院に行き、医師に自身の気持ちを適切に打ち明ければ、気持が少し楽になります。

また、手術をした後は体力が低下しているため、重い物を持つのはきついです。


なので、生理がきついと親方に言ったり、有給休暇を取って休ませてもらうといいです。