学校の教師が東京で中絶手術を受けるメリット

学校の教師が東京で中絶手術を受けると、誰にも見られる心配がない、学校で目立たなくできるなどがメリットです。



田舎に住む人が妊娠中絶のため、東京の産婦人科に訪れたとします。
住んでいる地域なら誰かに知られてしまう恐れが生じますが、東京なら知り合いはいないため、安心して中絶手術をお願いできます。

それに依頼をする場所は日本の商業地の中心地と言える所なので、腕の良い医者が沢山いるのもメリットです。
依頼をするとお金が発生しますが、教師の給料は結構高いため、費用面での心配はありません。



初期の段階で妊娠に気づけた場合は、安上がりで済ませられるので大丈夫です。


結婚をしているなら同僚の教師達は祝福をしてくれますが、結婚をしていないため、誰の子供かと聞いてくることがあります。

その時は校長室に呼ばれて事情を聞かれる可能性が高いです。
そのため、学校に行きにくくなるので、生活を維持させるためには中絶手術はやむを得ないです。



あと、お腹が大きくなってくると学校で生徒達に授業をする際に、目立ってしまいますが、中絶をすればそのような心配は皆無になります。
普段通りに教壇に立ち授業を教えることができますが、手術直後はあまり無理をしないほうがいいです。
手術を受けた後、数日間は風邪を引いたと称して休みをとれば体力を回復させるきっかけに効果的です。あるいは、インフルエンザにかかったと職員室に連絡をすれば、1週間近く休めるので対策としては悪くないです。